阪口采香(弁護士) AYAKA SAKAGUCHI

所属
第二東京弁護士会
出身地
福岡県
資格
スキー検定2級、書道7段

BIOGRAPHY

≪経歴≫
◆桐光学園高等学校 卒業
◆中央大学総合政策学部 卒業
◆一橋大学法科大学院 修了


大学では法学部よりも多様な価値観を養いたいと考え、総合政策学部に進学し、そのなかでもスポーツ政策を学ぶ。
大学時代の成績は芳しくはなかったが、一念発起して勉学に励み、法科大学院へ進学。
大学のゼミの指導担当からは愛称として「ビリギャル」と呼ばれた。

法科大学院に進学後すぐに、法律を少しかじった程度であるにもかかわらず、
他に法律関係をやっている人がいないからと、友人から芸能事務所を退所する際の違約金トラブルや消費者トラブルなど、
たくさんの相談を受ける。

その際、法律家が身近にない人々にとって、弁護士へ相談することのハードルがまだまだ高いことを実感し、
皆から身近に感じてもらえる弁護士になろうと考えるようになる。

司法試験には一回目の受験で合格し、選択科目の国際私法は全国1位の成績を収める。
司法試験合格後は、新潟県内で修習生活を送る。

エンターテイメントやスポーツに携わる方々などをはじめとして、多くの人にとって身近な法律家でありたいと考え、
レイ法律事務所に入所。
人々の関心を集めるドラマなどを通して少しでも法律に興味を持ってもらいたく、ドラマなどの監修を行う。

中学3年生からサッカー、バンド活動(ベースやドラムを担当)をし、スポーツ選手の抱える問題や音楽著作権などの
知的財産分野にも関心が高い。
また、大学生のころ、アメリカ・イギリスをはじめとして多くの国々から来た留学生とともに国際寮で生活し様々な文化に触れ、
実際に現地での交流もした経験から、海外の人々との交流を積極的に行っており、国際問題についても関心が高い。

OTHER

≪TV・ラジオ出演≫
◆CX「めざましテレビ」出演
◆CX「ノンストップ」インタビュー
◆TOKYO FM「高橋みなみの「これから、何する?」」


≪ドラマ・映画・映像・書籍監修≫
◆CX「ストロベリーナイトサーガ」
◆映画「mother」一部監修
◆NHK BS プレミアム「逃げるが勝ちの人生~パワハラ・ブラック上司からの逃げ方~」
◆洋書「THE SUN DOSE SHINE」(仮題:それでも陽は輝く)日本語翻訳リーガルチェック


≪講演会≫
◆2019年1月25日 兵庫県にて厚生労働省主催「大学・短大・高専・専門学校生のための
労働法教育セミナー」